荻原綾がパティシエになるまで

荻原綾がパティシエになるまで

荻原綾がパティシエになるまで 荻原綾は、現在代官山のカフェ兼ケーキショップでパティシエとしてお店を構えています。それ以前は、イタリアでお菓子職人として修業しており、本場の味が日本でも食べられるということで、評判も高くなっています。

荻原綾がパティシエを目指すようになったのは、子供のころにまでさかのぼります。彼は非常に甘党で、おばあちゃんやお母さんから貰えるおやつが大好きでした。その味を自分で作ったら、毎日お菓子が食べられるのではと考えたことに由来しているのです。小学校高学年になって、初めて作ったのはスイートポテトでした。お母さんが持っていた、雑誌の1ページに載っていたレシピを一生懸命読み解いて、姉に手伝ってもらいながら作りました。そのときに食べた味がとても美味しくて、そこから一週間も毎日スイートポテトを作り続けたそうです。

高校生の進路相談でも、調理学校への進学を希望して有名な調理師専門学校へ入学しました。学生時代は、スイーツショップでバイトをしながら、パティシエとしての勉強を続けました。そして、卒業後にそのままスイーツ修行の旅に出たのです。そんな荻原綾のスイーツショップは、連日行列が絶えず通う方の舌を満足させ続けています。

お知らせ